札幌東急リフォームがご提案するリフォーム・リノベーション・新築

札幌東急リフォーム株式会社

メニューMenu

新 築

ツーバイフォー工法による、寒冷地での“頑丈”で“暖かな”家づくり

豊富なリフォーム・リノベーション実績で培った技術を新築住宅に活かしています。

ツーバイフォー工法について

point 1

ツーバイフォー工法とは

ツーバイフォー工法とは、木造建築の工法で「木造枠組壁工法」のひとつです。「2×4」という数字には、建築資材の角材のサイズが「2インチ×4インチ」であることに由来しています。
この均一サイズの角材と合板を接合し、柱や梁の代わりに壁、床、屋根で箱状の空間を構成していくわけですが、既製サイズの角材に合板をあわせて組み立てていくという単純な工法であるため、高度な技術は必要なく建築が容易であるという特徴があります。

point 1

ツーバイフォー住宅の断熱性

ツーバイフォー住宅は、従来工法の木造住宅のように床下から冷気が入り込むことは少なく、また鉄骨住宅のように鉄骨から冷気が室内に伝わることもありません。また外気温の影響を受けやすい外壁は、ツーバイフォーの独自構造と断熱機材と相まって、高い断熱性を実現します。

point 1

優れた耐震性

地震国である日本にとって、住宅の「耐震性」はもっとも重要な基本性能です。
従来工法である木造住宅が柱や梁などによって建物の強度を高めているのに対し、ツーバイフォー工法では枠組材と面材を一体化させた「ダイアフラム」によってつくられる壁・床・屋根の「6面体構造」がさまざまな方向からの力に対し優れた強度を発揮します。
このようにツーバイフォー工法の「6面体構造」は、地震や雪など外からかかる力を分散し、極めて堅牢な躯体をつくります。

point 1

短い工期で高品質・低コストを実現

ツーバイフォー工法の工期は一般的に3~4ヵ月と短めです。
工期が短いということは、建築費用のコストダウンにも繋がります。
また、建築の工程がマニュアル化されており、部材を工場である程度仕上げられるので、熟練した職人が不在でもスムーズに施工することが可能です。
つまり、施工業者の質や職人の腕に建物の品質が左右されることがなく、低コストで高品質を維持できることが、ツーバイフォー工法の強みのひとつです。

札幌東急リフォームの新築一戸建て

リフォーム会社が建てる新築住宅

マイホーム、一戸建ての購入は、人生においてとても大きな買い物です。
「間取りがなかなか決められない」「家族みんなが納得できるプランって」「建てたあとに後悔したらどうしよう」などと悩み、慎重になる方も多くいらっしゃるでしょう。
このように、はじめての家づくりに迷いや心配はつきものです。
札幌東急リフォームには、住まいに関するさまざまな疑問や悩みに対して、お客様の個々の状況にあった最適な解決法をご提案してきた豊富なノウハウと実績があります。
この豊富なリフォーム・リノベーション実績で培った技術を新築住宅に活かし、後悔のない「建ててよかった」と思える家づくりのお手伝いをしてまいります。

コンセプトハウス「SUMA PLANS」のご紹介

コンセプトハウス「SUMA PLANS」は、家族構成や趣味、理想の暮らしやこだわりなどのライフスタイルにあわせた住まいのカタチを提案します。

「SUMA PLANS」ラインナップ

  • STUDIO
  • TERRACE
  • GARAGE
  • Kids DESIGN
  • TWO FAMILIES

新築施工事例